ターンオーバーの乱れで起こる肌トラブルとは

年齢や環境によって肌の生まれ変わりが遅くなるとさまざまなトラブルが起こるのできちんと対処したいものです。

昔から便秘やストレスが原因で吹き出物ができる事が多いので、便秘に関しては野菜を多めに食べたり乳酸菌を毎日摂るように心がけています。

毛穴の開きや毛穴詰まりは洗顔する時はまずしっかりメイクを落とす事、その後石鹸を石鹸ネットで泡立てて泡を顔の部分部分にのせてこすらないように洗っています。

夏だとエアコンや扇風機で肌が乾燥するので、朝晩しっかりと化粧水と乳液を塗る事、あと日焼けをすると乾燥するので
朝洗濯を干す前や外出する前にはしっかり日焼け止めを塗るようにしています。

夏は汗をかいたりして毛穴も広がりやすいので、できるだけ顔パックをしてこれ以上毛穴が広がらないように注意しています。

吹き出物ができた時にはできるだけ触れないよう、化粧も吹き出物の部分だけ避けるようにしています。


年齢を重ねるごとに感じるのが、くすみ。鏡を見るたび、くすみたるみを意識するようになりました。

目元のしわも気になります。冬になると目元がかさつき痒くなります。

落ち着いたと思うと、かさつきがそのまましわになってるような気がします。

少し前まではクレンジングのことは無関心でした。落とすのが当たり前だったので、こすって落とす方法をしていました。

最近はたるみも気になるので、予防方法としてクレンジングはこすらず、優しくしています。ごしごし擦るのではなく、クレンジング剤で肌を直接こすらないようにイメージしながら落とします。

洗顔後は化粧水をたっぷり使い、ハンドプレスであまり肌を叩かず、優しく浸透させて行きます。

手のひらで肌がしっとりと感じるようになるので化粧水はつけています。

最近「【結果あり】ドクターシムラ角質ケア化粧水の30日間使用レビュー」というサイトで見つけた角質ケア化粧水も併せて使っています。

普段気を付けていることは日焼けです。洗濯物を干す、一瞬の時間でも日焼け止めを塗り、できるだけ化粧後にベランダへ出るよう心がけています。

夏はファンデーション下地に、もちろん日焼け止めを使っています。