2018年6月

ターンオーバーの乱れで起こる肌トラブルとは

ターンオーバーの乱れで起こる肌トラブルとは

(公開: 2018年6月30日 (土))

年齢や環境によって肌の生まれ変わりが遅くなるとさまざまなトラブルが起こるのできちんと対処したいものです。

昔から便秘やストレスが原因で吹き出物ができる事が多いので、便秘に関しては野菜を多めに食べたり乳酸菌を毎日摂るように心がけています。

毛穴の開きや毛穴詰まりは洗顔する時はまずしっかりメイクを落とす事、その後石鹸を石鹸ネットで泡立てて泡を顔の部分部分にのせてこすらないように洗っています。

夏だとエアコンや扇風機で肌が乾燥するので、朝晩しっかりと化粧水と乳液を塗る事、あと日焼けをすると乾燥するので
朝洗濯を干す前や外出する前にはしっかり日焼け止めを塗るようにしています。

夏は汗をかいたりして毛穴も広がりやすいので、できるだけ顔パックをしてこれ以上毛穴が広がらないように注意しています。

吹き出物ができた時にはできるだけ触れないよう、化粧も吹き出物の部分だけ避けるようにしています。


年齢を重ねるごとに感じるのが、くすみ。鏡を見るたび、くすみたるみを意識するようになりました。

目元のしわも気になります。冬になると目元がかさつき痒くなります。

落ち着いたと思うと、かさつきがそのまましわになってるような気がします。

少し前まではクレンジングのことは無関心でした。落とすのが当たり前だったので、こすって落とす方法をしていました。

最近はたるみも気になるので、予防方法としてクレンジングはこすらず、優しくしています。ごしごし擦るのではなく、クレンジング剤で肌を直接こすらないようにイメージしながら落とします。

洗顔後は化粧水をたっぷり使い、ハンドプレスであまり肌を叩かず、優しく浸透させて行きます。

手のひらで肌がしっとりと感じるようになるので化粧水はつけています。

最近「【結果あり】ドクターシムラ角質ケア化粧水の30日間使用レビュー」というサイトで見つけた角質ケア化粧水も併せて使っています。

普段気を付けていることは日焼けです。洗濯物を干す、一瞬の時間でも日焼け止めを塗り、できるだけ化粧後にベランダへ出るよう心がけています。

夏はファンデーション下地に、もちろん日焼け止めを使っています。



魚や肉を調理する場合は、オーブンなどでローストするとか蒸すなど工夫が必要

魚や肉を調理する場合は、オーブンなどでローストするとか蒸すなど工夫が必要

(公開: 2018年6月25日 (月))

現実の問題として、寝る直前に食べてしまうと太る危険性があるというのは本当のことです。中でも午後10時以降に食事をすると、体内時計を調整する役目を持つタンパク質が作用して、カロリーが脂肪に変換されたものが身体に確保されやすくなります。
便秘症に即効性があったり、ダイエットをしている時に往々にして不足することの多い栄養を補充することが簡単にできる野菜や果物から作られた「グリーンスムージー」は、話題の置き換えダイエットに利用する食品としても理想的です。
高カロリーな揚げ物や炒め物は、短期集中ダイエット中は極限まで減らすぐらいの心構えが必要かもしれません。魚や肉を調理する場合は、オーブンなどでローストするとか蒸すなど、油が必要な料理はできるだけパスするようにします。
脂肪を効果的に燃焼させるビタミンB群が含まれているサプリメントであるなら、食事している最中に脂質や糖が燃焼するのを補助してくれるため、食事時か食事が終わってから、早急に飲むようにするべきです。
ダイエットにおいての無理な食事の方法は、脳が利用するブドウ糖の欠乏を来すことがあり、フラフラして歩けなくなったり、情緒不安定になったりなどの脳がまともに活動できない時の症状が出るケースも少なくありません。

豆乳ダイエットってどうやってやるの?|失敗しない豆乳ダイエットのやり方と効果